僕の安寧の地は風俗

思いのほか風俗が良かったので体験談を書いてみました。

究極の風俗・デリヘル

男にとって風俗は理想を叶えてくれる遊びですが、その中でもデリヘルは究極だといえるでしょう。時間とお金を使うのであれば、かなりの願望はかないます。例えば現実社会において、オジサンといわれる人種はギャルは対極にいるといってもいいでしょう。まず年齢が違いますし、なにより通常遊ぶテリトリーが違います。オジサンにとっては娘の年齢に近いので、知り合えるわけもありません。地方では少ないギャルですが、都会にいくと大勢います。ですが先の理由により接触する機会すらありません。しかし都会にはギャル専門のデリヘルがあります。時間と足代をかければ、知り合うどころかサービスをおこなってくれるのです。またこれとは逆に男性が若く、女性がかなり年上の場合も同じです。熟女専門店があります。それだけではなく、職業にこだわった店や、芸能人やAV女優などが在籍している高級店もあるのです。現実ですと出会えるはずのない女性と会うことができる究極の風俗、それがデリヘルなのです。

投稿日:2017年7月29日

知らない天井でも余裕で楽しめる

風俗遊びをしていると、ふとした瞬間に昔流行ったアニメではありませんが「知らない天井だ」と思うことがあります。少し間が空いたときに寝転がって天井を眺める瞬間なのですが、このときプレイが終わっていれば急激に冷めますし、始まる前ですと妙な緊張があります。これはプレイを行う専用室内である店舗型で起こるものであり、デリヘルではそういうことは起きません。デリヘルですと自分の部屋かホテルでプレイは行われます。慣れ親しんだ自分の部屋ですと緊張はありませんし、たとえ知らない天井のホテルであっても、隣で必ずしも同じプレイをしているとは限りません。女性と宿泊施設にきている、そのシチュエーションだけでもかなり興奮します。風俗店独特の雰囲気がないというだけで、かなり違いがあります。デリヘルも店舗型と同じように時間制ですが、店舗型のように時間に追われることはありません。店舗型に比べ、着替える時間も幅をとっていますし、なにより女性だけ帰ることができます。そのため知らない天井であっても余裕があるのです。